エンタメやろー

ゲームを中心に、色々なコンテンツに触れての感想や体験を綴っていきたいブログです。

ゼノブレイド2 プレイ日記#3 かくれんぼ

前回のあらすじ

げに恐ろしきは金の魔力なり。

 

f:id:ga128mail:20190203203422j:plain

 

もらったものはもらったものなので、この手付金で仕事のための準備です。

最低限の装備を買い……。

 

f:id:ga128mail:20190204203920j:plain

 

なんとレックス君、手付金のほとんどを仕送りに!

そんな。

そのお金があれば、昔のRPGみたいな序盤から最強装備みたいなことが……。

私の想像以上に、レックス君はいいやつだったようです。

まぶしい!

 

f:id:ga128mail:20190204204729j:plain

 

準備を終えたら宿屋に泊まって、いよいよ大仕事です。

と、その前に、なにやら青いアイコンを発見しました。

 

f:id:ga128mail:20190204205220j:plain

 

サブクエストを示すアイコンのようです。

さっそく話しかけて、サブクエスト開始!

 

f:id:ga128mail:20190204205432j:plain

 

サブクエストの内容は、かくれんぼ。

三人の少年たちが街の至るところに隠れます。

レックス君は、それを見つけ出さねばなりません。

ゼノブレイドは基本的にマップが広いです。

おまけに高低差があり、ちょっとした迷路のよう。

このマップの中から少年たちの小さなモデルを見つけ出すのは至難の技……!

と思いきや、そんなことありませんでした。

 

f:id:ga128mail:20190204205547j:plain

 

ゼノブレイド2では、画面の上に目的地への方向と距離が表示されます。

コンパスというシステムです。

普通にこのコンパスに目的地が表示されてしまったので、あっさり一人目発見。

 

f:id:ga128mail:20190204205638j:plain

 

樽にかくれていようがなんだろうが、あっさり発見。

無事クエスト達成です!

 

f:id:ga128mail:20190204205814j:plain

 

思わぬ寄り道をしてしまいました。

次回こそ大仕事の始まり始まり。

ヒロインが来るぞー!